当センターについて

基本理念

 

  • 利用者様の障がいを個性の一部と捉え、その人らしい生活を再構築することを目指します。
  • 自らが利用したいという施設に看護・介護をとおし創りあげることを目指します。
  • 看護・介護をとおして地域文化の発展に貢献します。

目指す方向性

 

  • 地域に根差した形で、利用者様のいかなるニーズにもお答えしながら、医療・介護・看護を邁進していくという共通した心構えを、全職員が職域を超えて理解し、遂行していく。
  • 今日の焼津地域の医療・介護資源不足を背景に、当施設のベットは地域における限られた貴重な医療・介護資源であるという認識を全職員が持たなくてはならない。
    そのためには、可能な限りのスムーズな効率の良い施設運営に努め、これまで以上に高齢者における施設での生活の中で残存機能を生かし、住宅復帰やおだやかな余生を過ごすことが出来るよう、幅広い形で地域医療・介護の一端を担う意思を全職員が常に保持しなければならない。
  • 利用者様やお見舞いの方への細やかな配慮を果たすべく、職員における接遇・マナー教育から倫理教育までを徹底していく。
  • 当施設は、地域の在宅での生活を支える部分でも大きな役割を担っている。
    通所リハビリテーション、訪問介護、訪問看護、訪問リハ及び居宅介護支援事業所の充実を図り、施設から在宅までの一貫した流れをつくっていかなければならない。

 

以上のように、「利用者様から選ばれる施設」「地域の医療機関又は施設から選ばれる施設」として、職員の一人ひとりがしっかりと地域医療・介護の連携を行い、その質の向上を目指します。

1.社会的資源の活用

2.在宅復帰・看取り医療の充実

3.医療・介護・看護の質の確保

4.地域の医療・介護の連携の強化

施設目標

 

1.挨拶はきちんと明るい声で。(安心して楽しく仕事が出来る)

2.言葉かけには笑顔を添えて。(仕事に対する意欲、協力性が生まれる)

3.情報交換は密にして事故防止対策を。(効率的な仕事を進めていくために)

4.問題意識を持って、自己研鑽を。(チームで仕事をしている事の自覚と向上性)

5.守秘義務を認識して、安定性のある介護を。(利用者様・家族の状況が理解出来る)

6.ケアプランに沿った介護記録を。(日々の状態の観察が出来る)

職員規範

 

1.利用者様に禁止・抑制・制限をいたしません。

2.あいさつを忘れず笑顔を心がけ、明るく思いやりのある、目配りの利く態度で常に接します。

3.安心と満足が得られるサービスを目指します。

会社概要

 

 法人名 医療法人社団 正心会
 施設名 介護老人保健施設 ケアセンターゆうゆう
 所在地 静岡県焼津市田尻4番地
 理事長 石井 紀子
 管理者(施設長) 桜井 洋右
 開設年月日 平成 9年 4月21日
 設置形態 独立型
 入所定員 一般棟 50名   認知症専門棟 47名
 敷地面積 3,298㎡
併設居宅サービス (1) 通所リハビリテーション・予防通所リハビリテーション

(2) 短期入所療養介護・予防短期入所療養介護

(3) 訪問介護事業所・予防訪問介護事業所

(4) 訪問看護ステーション・予防訪問看護ステーション

(5) 居宅介護支援事業所

 

 

 
このページのトップへ